ドクターモルツ | 成功するための思考法

人間の感覚は結構不確かなもの

■人間の感覚が結構不確かなものだということを
思い知らされることが多々あります。


例えば 色彩によるトリック。


同じ重さの箱でも
白は軽く 黒は重く見える。

それだけではなく

実際に持った感覚でも
白は軽く 黒は重く感じる。


商品のパッケージを変えただけで
売上が変わってくる。


そりゃあ黒い色をしたパッケージの洗剤なんて
買いませんもんね。


それだけ人間の感覚は不確かで
変わりやすいものなのかもしれません。


ですからこれを考えると


目の前に起こっていることは
もしかしたら


たとえそれが大変そうに見えたとしても
実際はたいしたことがない・・


自分に不利に見えたとしても
本当は自分にとってとってもいいこと・・

なんてこともありえると思います。



結局それを大変にしたり 不利な内容にしているのは
自分自身。



その錯覚がわかれば
解決も早いかもしれません・・・。


そこで何か起こったときは
自分にいいこと・・って思うようにしています。


プラス思考っていうのではないのですが
気分が全然ちかいます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。